生きがい情報士と生きがい情報を求める方のための「広場」

ホーム › ニュース:インターネット

インターネット ニュース

台東区高齢者メールサービス

【東京都台東区】平成14年10月

 

東京都台東区は、60歳以上の高齢者を対象にメールによる情報提供を行っている。毎月10、25日の2回発行し、内容は、スポーツやボランティア情報、高齢者向け就業相談など参加型のイベントが多い。

メールのバックナンバーも掲載されている。

 

詳しくはこちらから

あなたの福祉サービスお答えします

【東京都新宿区】平成14年10月

 

東京都新宿区は、昨年から区民が自分が受けられる福祉サービスをホームページで確認できる簡易判定システムを運用している。

 

年齢や、家族の様子、自身の介護状況や、障害の状況を選ぶことで、新宿区が提供している福祉サービスのメニューを表示するものだが、表示されるメニューが多すぎ、そこから更に選択を行わねばならないなど、利用者からすると、もう少し検索条件などに工夫がほしいと思えるシステムである。

 

詳しくはこちらから

「高齢社会をよくする女性の会」のホームページオープン

【高齢社会をよくする女性の会】平成14年7月

 

高齢社会をよくする女性の会

 

-豊かな老いを全うできる社会の創造を-

 

 女性たちは、自分自身の老いに出会う前に、親を舅姑を、夫を看取り、そして、より長く孤独な老いを生きる立場にあります。

 私たちは、わが国で初の「女性による老人問題シンポジウム」を1982年9月10日に開催しました。その中で、女の自立と老いをめぐる多くの問題点があぶり出されました。「男は仕事、女は家庭」という性別役割分業がいまだ根強い日本社会において、結局は女性のみが介護の役割を担っている事実です。それはそのまま女の老後が年金や資産、就労機会の乏しい貧しさに悪循環していくことを意味しています。高齢社会は、また女性の自立ばかりでなく男性の自立も問われる社会です。生活者としての自立を女まかせにしてきたツケは、男性の老後を貧しくします。

 私たち女性は、老いにより近く、より現実をみつめきた性としての誇りと自覚に立ち、すべての人の人間らしい老いの創造に向けて「高齢社会をよくする女性の会」を設立しました。

 女性の自立と豊かな老後が両立する新たな高齢社会の創造をめざしています。

 URL:http://www7.ocn.ne.jp/%7Ewabas/

 

高齢社会をよくする女性の会事務局

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-9-1-802

TEL:03-3356-3564(月・水・金)

FAX:03-3355-6427

E-mail:wabas@eagle.ocn.ne.jp

「大気汚染物質広域監視システム(愛称:そらまめ君)」を活用した大気汚染情報の携帯電話への提供

【環境省発表】平成14年6月26日

 

環境省は、平成12年6月から「大気汚染物質広域監視システム(愛称:そらまめ君)」により、都道府県の大気汚染情報をオンラインで収集し、地図情報等に加工しインターネットにより広く一般に情報提供をしています。

 本年6月27日からは、都道府県の光化学オキシダント注意報等の発令状況及び大気汚染情報(二酸化硫黄濃度及び光化学オキシダント濃度の1時間ごとの速報値)を携帯電話により入手できるようになりました。

 

 大気汚染物質広域監視システム(携帯電話サイト)のURL

  iモード    http://sora.nies.go.jp/i/

  J-SKY   http://sora.nies.go.jp/j/

  EZ-WEB http://sora.nies.go.jp/ez/

リフォーム見積ガイダンスシステム

【国土交通省発表】平成14年6月20日

 

良好な居住環境を確保するため、居住者の多様なニーズに対応したリフォームにより、住宅を適切に維持・改善することが重要です。しかし、住宅リフォームは、工事を行う部位や改善の内容が多岐にわたっていること、既存建物の条件が様々であることなどから、工事を計画する消費者にとって、目安となる工事費を把握しにくいことが課題となっています。

 このため、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターにおいて、住宅リフォーム推進協議会の協力のもと、消費者がインターネットでリフォーム工事費の目安を簡便に算定でき、また、リフォームしたい内容をもとに簡単な見積依頼書を作成できる「リフォーム見積ガイダンスシステム」を開発しました。

 

このシステムは、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターの運営する「リフォネット」http://www.refonet.jp/mitsumori/において公開しており、自由にアクセスすることができます。

天気予報と連携した「エコライフ予報」開始
《家庭生活に伴うCO2(二酸化炭素)排出量予報》

【環境省発表】平成14年6月14日

 

環境省では、2月に開催された第1回「環の国くらし会議」における長島亜希子メンバーの発言を受け、財団法人日本気象協会と協力し、家庭生活に伴う二酸化炭素排出量を気象条件と関連づけて予報するシステムを開発しました。

 このシステムを利用することにより、首都圏の天気予報と関連して家庭生活に伴う二酸化炭素排出量の予報を行い、6月17日(月)より、「環のくらしホームページ」(http://www.wanokurashi.ne.jp)で公開します。

 このシステムは、気温・湿度・風速などの気象データから算出した体感温度と家庭における電気、ガス、灯油の消費量の関係が深いことから、それらの消費量から換算した二酸化炭素の排出量と体感温度の相関を求め、財団法人日本気象協会が随時行っている気象予報から二酸化炭素の排出量を算定、過去10年間の同時期の排出量と比較して排出量の大小を予報するもので、毎日3回更新されます。

 また、二酸化炭素の排出量予報とあわせて「環のくらし一口メモ」として、冷房機器の賢い使い方など二酸化炭素の排出の少ない暮らしの工夫についても掲載しますので、天気予報と併せてご利用ください。

迷惑メール関係施策

【総務省発表】平成14年4月24日

 

一時に多数の者に対してされる特定電子メールの送信等による電子メールの送受信上の支障を防止する必要性が生じていることから、特定電子メールの送信の適正化のための措置等を定めることにより、電子メールの利用についての良好な環境の整備を図るという目的で、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」が制定されます。

 

特定電子メールとは、「その送信をすることに同意する旨の通知をした者等一定の者以外の個人に対し、電子メールの送信をする者(営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人に限る。)が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信をする」電子メールのことです。

 

【内容】

表示義務

拒否者に対する送信の禁止

架空電子メールアドレスによる送信の禁止

措置命令

などが、定められています。

 

詳しくはこちらから

新種ウイルス「W32/Fbound」に関する情報

【情報処理振興事業協会発表】平成14年3月14日

 

「patch.exe」という添付ファイルで、感染を拡げるウイルスが発見され、IPA/ISECにも複数の相談が寄せられています。下記概要に示すようなメールを受け取った場合は、添付ファイルを決してダブルクリックすることなく、該当のメールメッセージごと削除してください。ワクチンソフトの定義ファイルを最新のものに更新していない場合、発見できないことがあります。各ワクチンベンダーのwebサイトを参照して、最新のウイルス定義ファイルに更新してください。添付ファイルを実行すると、Windowsのアドレス帳の登録アドレス宛に、以下の内容のメールを送信します。

 

件名:以下の文字列等から選択。以下の文字列の先頭に「Re:」を付した件名の場合もある。

  IMPORTANT

  重要

  重要なお知らせ

  例の件

  お久しぶりです 

  こんにちは

  極秘

  資料

  蛙

  ウャR

本文:空白

添付ファイル:patch.exe

 

対処方法:このウイルスは、ウイルスメール送信の動作を起こしますが、レジストリキーの書き換えなどシステムの環境設定等の改変はしません。したがって、メールごと添付ファイル(patch.exe)を削除することにより対処できます。

参考手順

1.インターネット接続を遮断する。(クライアントPCに接続されているイーサネットケーブルを物理的に抜くのが確実です。)これによって、W32/Fboundが動作した場合にも、メール送信による感染拡大を防ぐことができます。

2.添付ファイルをもった該当メールのメッセージを削除する。

3.再起動する。

4.最新のワクチンソフトで検査を行い、駆除が出来たことを確認する。

 

ワクチンソフトに関する情報

インターネット・サーフ・デイの実施

【経済産業省発表】平成14年2月27日

 

消費者取引の適正化及び消費者利益の保護、事業者・消費者に対するインターネット取引にかかわるルールを啓発するため、経済産業省、公正取引委員会、国土交通省が、2月1日までに、インターネット上の広告を対象に、法令の遵守状況を点検しました。

 

今回は「健康」を国際的に共通するテーマとしています。

 

詳しくはこちらから

日本全国のハローワークの求人情報を一発検索!!
ー「ハローワークインターネットサービス」全国版スタートー

【厚生労働省発表】平成14年1月29日

 

 「ハローワークインターネットサービス」(インターネット雇用情報提供システム)においては、これまで83のハローワークが受理した求人情報及び各種雇用関連情報を提供してきたところであるが、雇用情勢が一層厳しさを増す中において、求人情報提供サービスの充実が求められていることから、1月29日(火)より、対象地域を全国に拡大し、全国のハローワークで受理した求人情報を提供する。

 あわせて、フレッシュ求人(原則として前日に受理した求人)を検索できるようにするなど機能を強化するとともに、利用しやすいサイトを目指して画面のリニューアルを図った。

 

1 アドレス

  http://www.hellowork.go.jp

2 提供開始日時

  平成14年1月29日(火)

3 提供情報

  1. 全国のハローワークで受理した求人情報約42万件(毎朝6時に前日18時現在の情報に更新。拡大前の求人件数は約17万件)
  2. 求職者向けお役立ち情報(求職申込み、職務経歴書の書き方、雇用保険手続きのご案内等)
  3. 事業主向けお役立ち情報(求人申込みのご案内、雇用保険・助成金等)
  4. ハローワーク所在地情報
  5. ハローワークニュース(職業安定局からのお知らせ等)

温泉地活性化調査の実施について-「@たみ(熱海)コンシェルジェ」サイトの開設-

【国土交通省発表】平成14年1月29日

 

熱海市への来訪者・来訪希望者のニーズにあった温泉情報・観光情報を受発信するもので、地域の温泉、歴史・文化、グルメ、スポーツ情報などに詳しい熱海在住の「観光コンシェルジェ(コンシェルジェはフランス語で案内人の意)」がサイト上で情報を提供するものです。

 

 @たみ(熱海)コンシェルジェでは、地元情報に詳しいコンシェルジェたちが、あなたの熱海の旅と滞在のお手伝いをいたします。

 国土交通省が実施している「温泉地活性化」事業では、平成14年1月15日付けでインターネット上のホームページで一般利用者に熱海市の温泉情報・観光情報を公開する「@たみコンシェルジェ」のサイトを開設いたしました。

 当サイトはインターネットのもつタイムリー性、双方向性を活用して、熱海市への来訪者・来訪希望者のニーズに合った温泉情報・観光情報を受発信するものです。

 サイト上で情報を提供する人達は、利用者の皆さんと観光に関する交流を希望している各種の活動(温泉、歴史・文化、グルメ、スポーツ等)の情報に詳しく、インターネットやマルチメディアに高い関心をもつ「観光コンシェルジェ(コンシェルジェはフランス語で案内人を意味する)」と呼ばれる7団体(個人)の地域住民で組織されております。

 この「@たみコンシェルジェ」サイトのアクセスは簡単で、皆さんの熱海市への旅行の目的に合う観光コンシェルジェを選び、知りたい情報をメールすれば、観光コンシェルジェ自身の"とっておき"の情報をお届けします。

 

サイトのURLは、http://www.my-concierge.org/atami/です。

首都圏の大手民鉄及び公営地下鉄の鉄道運行情報リアルタイム提供実証実験を開始

【国土交通省発表】平成14年1月29日

 

首都圏の大手民鉄9社及び公営地下鉄2局を対象とした鉄道運行情報リアルタイム提供実証実験を平成14年2月1日(金)より開始します。

 インターネット及び携帯電話を活用して、各社局の列車の運行情報を統合的かつリアルタイムに提供します。

 

●提供する情報

(1)首都圏の大手民鉄9社及び公営地下鉄2局の列車の運行情報を提供。

(2)列車の運行情報として、遅延、運転見合わせ等の発生の有無、振替輸送の状況等の情報を提供。

(3)上野、池袋、新宿、渋谷、横浜の5つのターミナルに乗り入れている路線の情報は、ターミナル毎に検索することが可能。

 

●次の各鉄道事業者の全路線を対象としています。

(1)首都圏の大手民鉄9社

東武鉄道、西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、小田急電鉄、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道、帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 〈順不同〉

(2)首都圏の公営地下鉄2局

東京都交通局(都営地下鉄)、横浜市交通局(横浜市営地下鉄) 〈順不同〉

 

●情報を提供する媒体

(1)インターネット

   http://www.ekitan.com/

(2)携帯電話

  a)iモード http://ekimae5.toshiba.co.jp/im/realexp/

  b)EZweb EZインターネット→地図/交通/旅行→鉄道・交通→駅前探険倶楽部

  c)J-スカイJ-スカイwebメイン→交通・トラベル→鉄道→駅前探険倶楽部

「週刊WAMdeLesson」のインターネット公開

【WAM NET】平成14年1月7日

 

これまでWAM NET利用機関用サイトのみで公開していたコンテンツ「週刊WAMdeLesson」のインターネットでの公開を開始いたしました。

 

これはWAM NETをご利用になる皆様へ日々の仕事にご活用いただける情報をご紹介しているもので、内容は毎週月曜日に更新されます。

 

現在提供している内容は次の通りです。

●「お役立ちパソコンレッスン」

●「高齢者のための簡単レシピ」

●「障害があっても旅行にでかけるヒント集」

 

「週刊WAM de Lesson」へはこちらから

→ページのトップへ戻る